中古オーディオの買取、不要なビンテージオーディオの活かし方

不要になったステレオや、スピーカー、ビンテージなアンプなど、マニアックなオーディオを処分する際に、 どのような所に買い取ってもらえると高額な査定がでるのか?ということについてのサイトです。

オーディオを買い取ってもらう方法、処分する方法はいくつかありますので、ご紹介します。

悲しいけれど、粗大ゴミとしてオーディオセットを処分する

もう使用する予定が無いオーディオセットの処分方法としてもっとも簡単な方法が、粗大ごみとして処分する方法です。

引き取り手が全く無い場合は、粗大ゴミとしてオーディオを処分するしかありません。
ゴミとしてステレオや、音響機器を処分する場合には、お住まいの自治体の指定に従ってください。

粗大ごみとして処分することの一番のメリットは、オーディオセットの状態にかかわらず処分可能なことです。

故障していようが破損があろうが粗大ごみとして処分する分には影響がありませんし、保管方法に気を使う必要もありません。

既定の手続きにのっとって処分を勧めればどんなオーディオセットでも処分できますから、大型のものでも小型のものでも関係なく処分することが可能です。

ただし、粗大ごみとして処分してしまうとどんなに価値のあるオーディオセットであったとしてもお金にはなりません。

ビンテージなレアものであってもゴミとして処分されてしまいますから、お金に換えて資金作りをしたい人には不向きな処分方法です。

また、たとえ大した評価がつかないようなオーディオセットであったとしても、誰かに引き取ってもらうことができればまだまだ立派に活用することが可能ですが、ごみとして処分されてしまえばオーディオセットの運命はそれで終わりです。

まだ使用できるオーディオセットを処分することを惜しいと思ったり、罪悪感を感じてしまう様な人には不向きな処分方法です。

中古オーディオも販売しているオーディオ店に買い取り依頼

ステレオ好きの人の中には昔のものが好みであるという人がいます。最近のステレオセットは比較的コンパクトですが昔流行ったものはスピーカーが大きくて音に重量感があるために、そのようなものをあえて好む人も大勢います。

ステレオを販売している専門店では中古のステレオセットを扱っているところもあり、そのようなところにはこだわりを持ったお客さんがたくさん訪れます。もしステレオセットを購入した店がそのようなところであるなら、使わなくなったステレオセットを引き取ってもらうことができます。

中にはそれを買取ってくれるところもありますし、たとえ料金が発生しなくても粗大ゴミとして捨てるときの手数料を考えれば無料で引き取ってもらえることはメリットであるといえます。

しかし店の中には自宅まで赴き、ステレオセットを持ち帰ってくれるところもあれば自分で店まで運ばなければならないこともあります。

そのため運ぶための手間がかかります。また愛好家がいないようなステレオセットですと引き取りは難しいでしょう。

販売できる可能性がなければ店側はそれを必要とはしません。そのためあまり期待せずにとりあえず購入店に訪ねてみるという感覚で引き取りを交渉してみるのがよいでしょう。

レアなオーディオを処分するのにも使えるオークション

レアなオーディオセットやまだまだ使えるオーディオセットをなるべく高値で処分したいなら、ネットオークションを利用して処分するという方法もあります。

希少価値の高いオーディオセットなら必ず欲しがる人はいるはずですから、全国のオーディオファンを対象にしてオークションをすることで高値で処分することができるでしょう。

オークション参加のハードルは低くなってはいるものの、未経験の人には心理的な壁があるのも事実です。

会員登録や手続きをしなければオークションに参加することはできませんし、わずかではありますがオークション詐欺なども問題も無視することはできません。

品物だけ取られて代金が振り込まれない、などという最悪な事態も考えられますから、オークションでオーディオセットを処分するのであればそれなりの知識と用心が必要になります。

個人間の取引になりますから、どのような相手と取引することになるのかは誰にもわかりません。中にはしつこく値引きを迫ったりする悪質な人物もいますから注意が必要です。

オークションのもう一つの利用方法は、オーディオの買取りをしてもらう前の相場調べに使う、という目的です。

ビンテージなアンプや、ステレオが出ていますので、お手持ちのオーディオと同型・同程度の品が出ている可能性もありますので、それらがどれくらいの価値を持っているか?計ることができます。

オーディオ買取店に依頼して、あまりに評価が低すぎる場合は、査定の段階でキャンセルすることもできるかと思います。

質屋でステレオセットを引き取ってもらえることのメリット

質屋のシステムは預かった商品に対してお金を支払い、元の商品の持ち主が同額のお金を再び質屋に持ってくることで、預かった商品が返品されるというものです。

そのため質屋に受け入れられたものに対してお金が支払われるというのが基本です。

このことを考えれば、不要になったステレオセットを質屋に持って行き、程度や需要を考慮してもらうことは賢いことといえるでしょう。それが受け入れられれば、お金になるからです。

先にも述べたように質屋で働く人は引き取る製品の対してお金を支払わなければならないという感覚を持っています。

そのため自分の持って行ったステレオセットの需要が低い、もしくは品質がいまいちであると判断された場合、それを引き取ってもらえる確立はかなり低いといえます。

そのため質屋にステレオセットを持ていく前に、まずはきちんと手入れをしたり、きれいに磨いたりすることが必要です。質屋に持っていくものは見栄えも非常に重要になります。

それとは対照的に不要になったものの人気のあるものやマニア受けしそうなものは高値がつくことがあります。

それで質屋にステレオセットを持っていく前に、市場に出回っている手持ちと同じタイプのステレオセットのおおよその値段をインターネットなどでチェックし、それを基に上手に交渉することができます。

安心安全に利用できるのが質屋のメリットですが、店によって評価にばらつきがあるのがデメリットです。

オーディオセットは基本的に中古品として評価されてしまいがちであり、レアな製品やマニアの間では高値で取引されているようなオーディオセットでもただの中古品として低い評価が付けられてしまうケースもあります。

オーディオセットを質屋で処分するのなら、オーディオセットの知識が豊富で正当な評価をしてくれる質屋探しが重要になります。

質屋の数そのものもあまり多くはありませんから、近所に良い質屋が無ければ処分には手間取ってしまうことになります。

気軽に利用できるリサイクルショップにオーディオの買取を依頼する

町のあちこちで見かけるリサイクルショップでは、様々な家具や家電製品の買取を行っています。もちろんオーディオセットの買取も行っていますから、処分先候補として検討する価値はあります。

リサイクルショップを利用して処分するメリットは、気軽に利用できる点にあります。

清潔な店内では持込み歓迎で買取審査をしてくれますし、店によっては無料で出張査定をしてくれるサービスもあります。店舗数も多く全国展開している大型チェーン店も多いので、安心して利用することができます。

リサイクルショップはレアな製品や希少価値のある製品よりも、新しくて実用的な品物ほど高い評価をつける傾向があります。

あくまでも実用品としての評価を重視するので、希少価値はないけれど見た目がきれいで新品同様に使用できるオーディオセット等を処分するのに向いています。

逆に言うと、どんなにマニアに人気のあるオーディオセットでも、すぐに売れそうもない製品に関しては高値評価は期待できません。

一般の客に実用品を売るビジネスモデルで営業している店が多いため、マニアックなオーディオセットではなく使い勝手の良い実用的な製品を売りたいときにリサイクルショップを選択するのが賢い方法です。

家庭用スピーカーと業務用スピーカーの違いとは?

一般向けスピーカーと業務用スピーカーの違いですが、まずオーディオ機器としての性能の差が挙げられます。

一般向けの物は業務用に比べると性能が低くなっており、音の大きさも異なります。またオーディオ機器としての決定的な違いはハウリングです。

一般向けのスピーカーの場合はハウリングに対して対策がされている物は少なく、音割れが起きてしまった場合には対処する方法があまりありません。

一方業務用の物はハウリング対策もしっかりしています。理由としては屋外で使用する場合も多く、大きな音を出すことができるのが、業務用スピーカーの魅力のひとつになるので、ハウリングがしっかりしていない様だと人気がでない為です。
他にも違う点として挙げられるのが、耐久性になります。

一般向けの物は家庭内で利用する事を想定しているので、耐久性があまりないのが特徴です。

その為、取扱には注意をするようにしないと故障してしまう事にもなりかねませんので、注意しましょう。

業務用のオーディオ機器はスピーカーに限らずに耐久性に優れた物が数多く出ています。屋外のライブなどでも使用する事が多いため、防水対策が施された物もあるので、どの様な使用環境でも良い音を出すことが可能になっています。

ライブなどのパフォーマンスでは、激しいものだと楽器がオーディオ機器に当たってしまう事がありますが、耐久性に優れた物になっているので、少々の衝撃ではびくともしない物が多くあります。
それ以外にも見た目のデザインも異なる物も多いです。

一般向けの物は部屋に飾るように作られているデザインが多く、インテリアとしても使用する事が出来ますが、業務用に関しては音の迫力を伝えるため、ダイナミックなデザインになっているので、見る人にインパクトを与える事が出来ます。業務用に関しては小型の物は少なく、大きなサイズになっているのも特徴です。

オーディオ機器は大きければ大きいほど良い音が出せる訳ではありませんが、音質や耐久性はサイズによって比例する事も多いので、一般向けでも業務用でも購入する時には注意が必要です。
そして最後の違いはノイズに関する部分です。

一般向けの場合はケーブルにもよりますが、ノイズが入る事が多く、音質が綺麗に聞こえにくい物がありますが、業務用の場合はノイズが抑えられており、高品質な音を楽しむ事ができる物が多く、野外ステージで遠くにいる人にも安心して音楽を楽しめるようになっています。