一般向けスピーカーと業務用スピーカーの違いですが、まずオーディオ機器としての性能の差が挙げられます。

一般向けの物は業務用に比べると性能が低くなっており、音の大きさも異なります。またオーディオ機器としての決定的な違いはハウリングです。

一般向けのスピーカーの場合はハウリングに対して対策がされている物は少なく、音割れが起きてしまった場合には対処する方法があまりありません。

一方業務用の物はハウリング対策もしっかりしています。理由としては屋外で使用する場合も多く、大きな音を出すことができるのが、業務用スピーカーの魅力のひとつになるので、ハウリングがしっかりしていない様だと人気がでない為です。
他にも違う点として挙げられるのが、耐久性になります。

一般向けの物は家庭内で利用する事を想定しているので、耐久性があまりないのが特徴です。

その為、取扱には注意をするようにしないと故障してしまう事にもなりかねませんので、注意しましょう。

業務用のオーディオ機器はスピーカーに限らずに耐久性に優れた物が数多く出ています。屋外のライブなどでも使用する事が多いため、防水対策が施された物もあるので、どの様な使用環境でも良い音を出すことが可能になっています。

ライブなどのパフォーマンスでは、激しいものだと楽器がオーディオ機器に当たってしまう事がありますが、耐久性に優れた物になっているので、少々の衝撃ではびくともしない物が多くあります。
それ以外にも見た目のデザインも異なる物も多いです。

一般向けの物は部屋に飾るように作られているデザインが多く、インテリアとしても使用する事が出来ますが、業務用に関しては音の迫力を伝えるため、ダイナミックなデザインになっているので、見る人にインパクトを与える事が出来ます。業務用に関しては小型の物は少なく、大きなサイズになっているのも特徴です。

オーディオ機器は大きければ大きいほど良い音が出せる訳ではありませんが、音質や耐久性はサイズによって比例する事も多いので、一般向けでも業務用でも購入する時には注意が必要です。
そして最後の違いはノイズに関する部分です。

一般向けの場合はケーブルにもよりますが、ノイズが入る事が多く、音質が綺麗に聞こえにくい物がありますが、業務用の場合はノイズが抑えられており、高品質な音を楽しむ事ができる物が多く、野外ステージで遠くにいる人にも安心して音楽を楽しめるようになっています。