注目

中古オーディオの買取、不要なビンテージオーディオの活かし方

不要になったステレオや、スピーカー、ビンテージなアンプなど、マニアックなオーディオを処分する際に、 どのような所に買い取ってもらえると高額な査定がでるのか?ということについてのサイトです。

オーディオを買い取ってもらう方法、処分する方法はいくつかありますので、ご紹介します。

悲しいけれど、粗大ゴミとしてオーディオセットを処分する

もう使用する予定が無いオーディオセットの処分方法としてもっとも簡単な方法が、粗大ごみとして処分する方法です。

引き取り手が全く無い場合は、粗大ゴミとしてオーディオを処分するしかありません。
ゴミとしてステレオや、音響機器を処分する場合には、お住まいの自治体の指定に従ってください。

粗大ごみとして処分することの一番のメリットは、オーディオセットの状態にかかわらず処分可能なことです。

故障していようが破損があろうが粗大ごみとして処分する分には影響がありませんし、保管方法に気を使う必要もありません。

既定の手続きにのっとって処分を勧めればどんなオーディオセットでも処分できますから、大型のものでも小型のものでも関係なく処分することが可能です。

ただし、粗大ごみとして処分してしまうとどんなに価値のあるオーディオセットであったとしてもお金にはなりません。

ビンテージなレアものであってもゴミとして処分されてしまいますから、お金に換えて資金作りをしたい人には不向きな処分方法です。

また、たとえ大した評価がつかないようなオーディオセットであったとしても、誰かに引き取ってもらうことができればまだまだ立派に活用することが可能ですが、ごみとして処分されてしまえばオーディオセットの運命はそれで終わりです。

まだ使用できるオーディオセットを処分することを惜しいと思ったり、罪悪感を感じてしまう様な人には不向きな処分方法です。

中古オーディオも販売しているオーディオ店に買い取り依頼

ステレオ好きの人の中には昔のものが好みであるという人がいます。最近のステレオセットは比較的コンパクトですが昔流行ったものはスピーカーが大きくて音に重量感があるために、そのようなものをあえて好む人も大勢います。

ステレオを販売している専門店では中古のステレオセットを扱っているところもあり、そのようなところにはこだわりを持ったお客さんがたくさん訪れます。もしステレオセットを購入した店がそのようなところであるなら、使わなくなったステレオセットを引き取ってもらうことができます。

中にはそれを買取ってくれるところもありますし、たとえ料金が発生しなくても粗大ゴミとして捨てるときの手数料を考えれば無料で引き取ってもらえることはメリットであるといえます。

しかし店の中には自宅まで赴き、ステレオセットを持ち帰ってくれるところもあれば自分で店まで運ばなければならないこともあります。

そのため運ぶための手間がかかります。また愛好家がいないようなステレオセットですと引き取りは難しいでしょう。

販売できる可能性がなければ店側はそれを必要とはしません。そのためあまり期待せずにとりあえず購入店に訪ねてみるという感覚で引き取りを交渉してみるのがよいでしょう。

レアなオーディオを処分するのにも使えるオークション

レアなオーディオセットやまだまだ使えるオーディオセットをなるべく高値で処分したいなら、ネットオークションを利用して処分するという方法もあります。

希少価値の高いオーディオセットなら必ず欲しがる人はいるはずですから、全国のオーディオファンを対象にしてオークションをすることで高値で処分することができるでしょう。

オークション参加のハードルは低くなってはいるものの、未経験の人には心理的な壁があるのも事実です。

会員登録や手続きをしなければオークションに参加することはできませんし、わずかではありますがオークション詐欺なども問題も無視することはできません。

品物だけ取られて代金が振り込まれない、などという最悪な事態も考えられますから、オークションでオーディオセットを処分するのであればそれなりの知識と用心が必要になります。

個人間の取引になりますから、どのような相手と取引することになるのかは誰にもわかりません。中にはしつこく値引きを迫ったりする悪質な人物もいますから注意が必要です。

オークションのもう一つの利用方法は、オーディオの買取りをしてもらう前の相場調べに使う、という目的です。

ビンテージなアンプや、ステレオが出ていますので、お手持ちのオーディオと同型・同程度の品が出ている可能性もありますので、それらがどれくらいの価値を持っているか?計ることができます。

オーディオ買取店に依頼して、あまりに評価が低すぎる場合は、査定の段階でキャンセルすることもできるかと思います。

質屋でステレオセットを引き取ってもらえることのメリット

質屋のシステムは預かった商品に対してお金を支払い、元の商品の持ち主が同額のお金を再び質屋に持ってくることで、預かった商品が返品されるというものです。

そのため質屋に受け入れられたものに対してお金が支払われるというのが基本です。

このことを考えれば、不要になったステレオセットを質屋に持って行き、程度や需要を考慮してもらうことは賢いことといえるでしょう。それが受け入れられれば、お金になるからです。

先にも述べたように質屋で働く人は引き取る製品の対してお金を支払わなければならないという感覚を持っています。

そのため自分の持って行ったステレオセットの需要が低い、もしくは品質がいまいちであると判断された場合、それを引き取ってもらえる確立はかなり低いといえます。

そのため質屋にステレオセットを持ていく前に、まずはきちんと手入れをしたり、きれいに磨いたりすることが必要です。質屋に持っていくものは見栄えも非常に重要になります。

それとは対照的に不要になったものの人気のあるものやマニア受けしそうなものは高値がつくことがあります。

それで質屋にステレオセットを持っていく前に、市場に出回っている手持ちと同じタイプのステレオセットのおおよその値段をインターネットなどでチェックし、それを基に上手に交渉することができます。

安心安全に利用できるのが質屋のメリットですが、店によって評価にばらつきがあるのがデメリットです。

オーディオセットは基本的に中古品として評価されてしまいがちであり、レアな製品やマニアの間では高値で取引されているようなオーディオセットでもただの中古品として低い評価が付けられてしまうケースもあります。

オーディオセットを質屋で処分するのなら、オーディオセットの知識が豊富で正当な評価をしてくれる質屋探しが重要になります。

質屋の数そのものもあまり多くはありませんから、近所に良い質屋が無ければ処分には手間取ってしまうことになります。

気軽に利用できるリサイクルショップにオーディオの買取を依頼する

町のあちこちで見かけるリサイクルショップでは、様々な家具や家電製品の買取を行っています。もちろんオーディオセットの買取も行っていますから、処分先候補として検討する価値はあります。

リサイクルショップを利用して処分するメリットは、気軽に利用できる点にあります。

清潔な店内では持込み歓迎で買取審査をしてくれますし、店によっては無料で出張査定をしてくれるサービスもあります。店舗数も多く全国展開している大型チェーン店も多いので、安心して利用することができます。

リサイクルショップはレアな製品や希少価値のある製品よりも、新しくて実用的な品物ほど高い評価をつける傾向があります。

あくまでも実用品としての評価を重視するので、希少価値はないけれど見た目がきれいで新品同様に使用できるオーディオセット等を処分するのに向いています。

逆に言うと、どんなにマニアに人気のあるオーディオセットでも、すぐに売れそうもない製品に関しては高値評価は期待できません。

一般の客に実用品を売るビジネスモデルで営業している店が多いため、マニアックなオーディオセットではなく使い勝手の良い実用的な製品を売りたいときにリサイクルショップを選択するのが賢い方法です。

家庭用スピーカーと業務用スピーカーの違いとは?

一般向けスピーカーと業務用スピーカーの違いですが、まずオーディオ機器としての性能の差が挙げられます。

一般向けの物は業務用に比べると性能が低くなっており、音の大きさも異なります。またオーディオ機器としての決定的な違いはハウリングです。

一般向けのスピーカーの場合はハウリングに対して対策がされている物は少なく、音割れが起きてしまった場合には対処する方法があまりありません。

一方業務用の物はハウリング対策もしっかりしています。理由としては屋外で使用する場合も多く、大きな音を出すことができるのが、業務用スピーカーの魅力のひとつになるので、ハウリングがしっかりしていない様だと人気がでない為です。
他にも違う点として挙げられるのが、耐久性になります。

一般向けの物は家庭内で利用する事を想定しているので、耐久性があまりないのが特徴です。

その為、取扱には注意をするようにしないと故障してしまう事にもなりかねませんので、注意しましょう。

業務用のオーディオ機器はスピーカーに限らずに耐久性に優れた物が数多く出ています。屋外のライブなどでも使用する事が多いため、防水対策が施された物もあるので、どの様な使用環境でも良い音を出すことが可能になっています。

ライブなどのパフォーマンスでは、激しいものだと楽器がオーディオ機器に当たってしまう事がありますが、耐久性に優れた物になっているので、少々の衝撃ではびくともしない物が多くあります。
それ以外にも見た目のデザインも異なる物も多いです。

一般向けの物は部屋に飾るように作られているデザインが多く、インテリアとしても使用する事が出来ますが、業務用に関しては音の迫力を伝えるため、ダイナミックなデザインになっているので、見る人にインパクトを与える事が出来ます。業務用に関しては小型の物は少なく、大きなサイズになっているのも特徴です。

オーディオ機器は大きければ大きいほど良い音が出せる訳ではありませんが、音質や耐久性はサイズによって比例する事も多いので、一般向けでも業務用でも購入する時には注意が必要です。
そして最後の違いはノイズに関する部分です。

一般向けの場合はケーブルにもよりますが、ノイズが入る事が多く、音質が綺麗に聞こえにくい物がありますが、業務用の場合はノイズが抑えられており、高品質な音を楽しむ事ができる物が多く、野外ステージで遠くにいる人にも安心して音楽を楽しめるようになっています。

なぜいまごろマイクロ精機のアナログプレーヤーが注目されているのか?

皆さんこんにちは!当ブログのオーディオライターの五藤です。

突然ですが、かつて日本に存在したオーディオブランドのマイクロ精機はご存知ですか?

長年にわたってアナログプレーヤーの専門メーカーとして、これぞジャパンクオリティと誇れるような素晴らしい製品を数多く世に送り出し、日本のオーディオ業界発展を担った存在でした。

飛ぶ鳥を落とす勢いだったマイクロですがデジタル時代の到来によりアナログ機器の需要が減り、長年アナログ機器を専門に開発を行っていたマイクロはデジタル機器への転換が思うようにいかず、そのまま時代の流れから惜しくも生産停止となってしまいました。

 

再注目されるマイクロ

しかし、デジタルプレーヤーの技術が煮詰まってきている今、アナログの音が再注目されていることから、往年のアナログプレーヤーを手に入れようという層が増えてきました。

マイクロ精機のアナログプレーヤーは一部のモデルを除いてフローティング機構を採用せず、物量で振動を排除するという考えによって作られているため、海外製のものでは得られない独特な音質が特徴となっています。

10年前まではかつてのマイクロ精機の最上位モデルが高額ではあるものの現実的な価格で売買されていましたが、ここ数年でその状況は一変しています。

状態がいいものでオプション品が豊富な個体は当時の定価よりも高い値段で取引されていることも珍しくありません。

この特殊な状況に中古品を探されている方は困惑されているのではないでしょうか。

 

なぜこのような事が起きているのか、その理由は大きくわけて二つあります。

 

まず一つは海外のオーディオマニアの影響です。

マイクロ精機が手がけたプレーヤーは世界的に見ても類を見ない作りです。それを知る海外のオーディオマニアが黙っているはずがありません。

最近のインターネットの発展により、日本に直接来なくとも手に入れることは可能になったことが高騰している大きな理由といえるでしょう。

 

そしてもう一つの理由は新生マイクロ精機の誕生によるものです。

海外ハイエンドオーディオの代理店として有名なアクシスがマイクロのエンジニアを集め、テクダスという新ブランドでマイクロを彷彿とさせるハイエンドアナログプレーヤーを発売するようになったことも大きな理由といえます。同ブランドを知らない方はなぜ?と思うかもしれませんが、テクダスに限らずハイエンドオーディオの新品はとてもおいそれと買えるような価格ではありません。ヘタすれば地方の新築一軒買えてしまうような物も珍しくありません。そのことから同じ設計を持つマイクロ時代の製品が再注目されているのです。

一般向けと業務用向けのスピーカーの違いについて

一般向けスピーカーと業務用スピーカーの違いですが、まずオーディオ機器としての性能の差が挙げられます。一般向けの物は業務用に比べると性能が低くなっており、音の大きさも異なります。またオーディオ機器としての決定的な違いはハウリングです。一般向けのスピーカーの場合はハウリングに対して対策がされている物は少なく、音割れが起きてしまった場合には対処する方法があまりありません。一方業務用の物はハウリング対策もしっかりしています。理由としては屋外で使用する場合も多く、大きな音を出すことができるのが、業務用スピーカーの魅力のひとつになるので、ハウリングがしっかりしていない様だと人気がでない為です。
他にも違う点として挙げられるのが、耐久性になります。一般向けの物は家庭内で利用する事を想定しているので、耐久性があまりないのが特徴です。その為、取扱には注意をするようにしないと故障してしまう事にもなりかねませんので、注意しましょう。業務用のオーディオ機器はスピーカーに限らずに耐久性に優れた物が数多く出ています。屋外のライブなどでも使用する事が多いため、防水対策が施された物もあるので、どの様な使用環境でも良い音を出すことが可能になっています。ライブなどのパフォーマンスでは、激しいものだと楽器がオーディオ機器に当たってしまう事がありますが、耐久性に優れた物になっているので、少々の衝撃ではびくともしない物が多くあります。
それ以外にも見た目のデザインも異なる物も多いです。一般向けの物は部屋に飾るように作られているデザインが多く、インテリアとしても使用する事が出来ますが、業務用に関しては音の迫力を伝えるため、ダイナミックなデザインになっているので、見る人にインパクトを与える事が出来ます。業務用に関しては小型の物は少なく、大きなサイズになっているのも特徴です。オーディオ機器は大きければ大きいほど良い音が出せる訳ではありませんが、音質や耐久性はサイズによって比例する事も多いので、一般向けでも業務用でも購入する時には注意が必要です。
そして最後の違いはノイズに関する部分です。一般向けの場合はケーブルにもよりますが、ノイズが入る事が多く、音質が綺麗に聞こえにくい物がありますが、業務用の場合はノイズが抑えられており、高品質な音を楽しむ事ができる物が多く、野外ステージで遠くにいる人にも安心して音楽を楽しめるようになっています。

アキュフェーズの新プリメインアンプ「E270」とは?

2016年度東京インターナショナルオーディオショーで初めて公開されたE270はプリメインアンプの一つです。

2016年11月頃にアキュフェーズから発売予定であり、予定価格は30万円前後とされています。

このE270は前モデルであるE260のバージョンアップ版であり、E260ではできなかったより高い要求にも答えられるようになっています。

再生周波数帯域は20Hz~20kHzと幅広く設定されている他、インピーダンスも8Ω、6Ω、4Ωに対応しています。また、出力は120W /4Ω×2となっており、かなりの高出力となっています。

他にも、MOSFETスイッチ採用により安全性が増しているばかりか、カレントフィードバック増幅回路によって性能もより向上しています。

そんなE270の魅力点は多いですが、何よりも「AAVA方式ボリューム」を採用している点は見逃せません。これにより更に奥域のある音が出しやすいようになっています。

また、システム面も改善されており、より操作がしやすくなっていることも特徴でしょう。

加えて、前モデルであるE260で良かった要素は残しており、E260系列に慣れ親しんでいる人にとっても使いやすくなっています。

他にも、インスツルメンテーション・アンプ方式をパワーアンプに取り入れており、前モデルよりもより安定した信号経路を確保しています。これもE270の高品質化に貢献しています。

このように色々とおすすめポイントが多いE270ですが、余りに新技術を取り入れたこともあって、価格が前モデルよりも大幅に上がっていることは欠点です。

そのため、完全なプロ仕様となっており、一般人には手に入れにくいモデルになっています。

とはいえ、高性能であることは折り紙つきですから、最新のプリメインアンプが欲しい、E260のバージョンアップ版が欲しいといった人は購入を検討してみると良いでしょう。

A&M エアータイトの最高の音質の素晴らしさ

音響システムで有名なA&M エアータイトをご存知でしょうか。
このメーカーは、大阪府に1986年に立ち上げられたメーカーです。他メーカーの販売担当として携わってきた二人が独立を行い、このA&M エアータイトを作ったのです。
A&M エアータイトの最高モデルとして、今でも絶大な人気を誇っているのがステレオプリアンプのATC-1です。このアンプの特徴は、12AX7x5個で構成されていることで、当時としてはとても贅沢であり最高の音質だとして日本だけではなく海外でも評価されているほどの人気商品でした。
当時のアンプの一番の課題は、音質の劣化でした。音質の劣化は、相互干渉が原因だということまでははっきり分かっていたのですが、どのメーカーもこの原因を解消できる技術はなかったのです。
A&M エアータイトは、電源からアンプの各主要パーツに銅メッキのシールド板で仕切ることで、この相互干渉の防止に成功しました。この改良で、最高の音質を作り出すことに成功したのです。
ステレオプリアンプのATC-1は、まさにA&M エアータイトの最高傑作と言える商品です。
このステレオプリアンプのATC-1の価格は、メーカー小売価格で41万円です。決して安いアンプではありませんが、実際にこのアンプを使用すると音という物の考えが一変するかもしれません。それほど最高の音質を提供してくれる商品です。
購入に関しては、インターネットなどでも購入することが可能ですが、やはり実際に商品を確認して購入することをお勧めします。
間違いなく、音質の素晴らしさに感動します。

高品質なオーディオがは魅力的なALCHEMIST

ALCHEMIST(アルケミスト)はオーディオに関しては人気があるメーカーでロンドン郊外に本社がある1991年から製造を開始したオーディオブランドです。

日本でも指示している方も多いオーディオメーカーでEAR社のパラビッチーニ氏が設計したアンプを宣伝されてからアルケミストは知られるようになりました。

30年以上オーディオ業界に携わるベテラン技術者で創設者は3名です。また日本デビュー作としてはオーディオブランドである「ALCHEMIST」のパワーアンプとしてAPD20A、コントロールアンプのAPD21Aなど有名です。

よく音楽業界でも利用されているアルケミストは、音源が滑らかでピュアなサウンドになっていますし、繊細マスタリングからクリエイティブなミキシングまで対応しているのでアレンジもしやすいです。

FLUXのダイナミクス・プロセシング・アルゴリズムを統合しているので、マルチバンド・プロセッサーの機能を持っています。

またアルケミストの特徴として、Pureシリーズ、Soleraの機能をほぼ網羅しているので、5つの周波数帯に分けダイナミクス処理を行っているので音の調整をすることが可能なマルチバンドプロセッサーです。

特に周波数帯ごとの調整が可能なことで有名ですし、異なるセッティングのコンプレッション、エクスパンダーなど低音と高音で使い分け、調整することができます。

最近のアルケミスト3はスロープの幅は18dB/octから54dB/octまで選べ、最先端のIIRクロスオーバーを搭載しています。価格は99360円なのでお手頃価格として購入することができます。

アナログサウンドへの徹底的なこだわり A&M エアータイト

 エイ・アンド・エム社は、1986年に真空管アンプ専門メーカーとして創業した大阪府高槻市にある株式会社です。同社はACOUSTIC MASTERPIECE(アコースティック マスターピース)、AIR TIGHT(エアータイト)などのオリジナルブランドを有し、中でもAIR TIGHTは同社の顔ともいえるブランドであり、オリジナル真空管アンプの世界的ブランドとなっています。同社の大きな特徴としては、やはり真空管アンプをはじめとするアナログサウンドへのこだわりをもっていることでしょう。1960年以降真空管からトランジスタへの移行は急速に進み、他の大手メーカーが真空管からトランジスタへと一気に変わっていく中でも真空管アンプにこだわり、専門的に製品を開発してきました。そのアナログサウンドへのこだわりは30年経った今でも衰えず、レコードプレイヤーや重量級オーディオトラックなどの海外の一流機器と組み合わせながら究極的なアナログサウンドを追及しています。
AIR TIGHTの製品は、MSM-1(生産完了)やAL-03(近日発売予定)などのスピーカー製品もわずかながらありますが、そのほとんどがプリアンプやパワーアンプで、真空管を使ったものとなっています。真空管プリアンプのシリーズとしては、ATCシリーズがあり、30万〜50万円前後で販売されています。また、真空管パワーアンプではATMシリーズがあり、50万〜90万円ほどで販売されています。さらに、イコライザープリアンプとしては、ATEシリーズがあり、70万円前後で販売されています。
 

独自性を追求した音とデザインを持つ高級スピーカーTANNOY

TANNOY(タンノイ)はガイ・ルパート・ファウンテンが創業したスピーカーメーカーです。1926年にスコットランドに本社を設立しました。

タンノイという社名の由来は、当初の主力製品に使われていた素材のタンタルと鉛合金の2つを組み合わせた造語です。

タンノイの歴史は古く、1926年の当初はラジオ関連の部品を扱っていました。後に、タンノイの商標を登録しスピーカー部門で高い評価を得ます。

そして自社ウーファーの製造に着手、代表的な製品のデュアルコンセントリック方式のユニットを開発しました。

しかしながら、2002年にデンマークのTCグループの傘下に加わり、業務用または一般向けのスピーカーやアンプなどを製造しています。

タンノイの特徴は、ひとつは同軸2ウェイ方式の1発ユニット。次に、高級感のある木材を製品に使用、最後に、インテリアとしても優れたデザインのエンクロージャーです。

他にも、箱は高級木材を合板、無垢材としても利用しており、中高音域を得意とし広い音場の再現、同軸ユニットによる定位感の良さからクラシックに向いています。

タンノイ製品は15、12、10、8インチのコアキシャルユニットを搭載したシリーズと、一般型スピーカーユニット搭載のモデルがあります。

これらのシリーズは3万〜20万円前後で市場に出回っており、音とデザインににこだわりを持つユーザーにとっては高級スピーカーの選択肢の一つとして根強い人気を持っています。

A&M エアータイトは真空管を利用するアンプで有名なメーカー

A&M エアータイトは、1986年に大阪で立ちあげられたメーカーです。立ちあげられた当初から、真空管のオーディオに特化して作られており、時代を逆行するような製品を多く手掛けています。真空管に今までの技術を全てつぎ込み、更にいいオーディオ機器の開発に力を入れています。製品の大半がアンプ系の製品となっており、見た目は最新式のように思われますが、実は真空管などの古い技術を利用して、更に音質をよくしている機器になっています。
とにかく真空管がむき出しになっているタイプが多く生産されており、見た目は1950年代に作られているようなオーディオ機器のように見えます。しかし様々な部分に工夫をして、最新型と同じような力を持たせているのが、このメーカーの特長となっています。アンプの生産に特化しているメーカーですが、他にも機器の部品を製造する等、幅広い製品の取り扱いを行っています。
有名な商品として、真空管を利用したプリアンプATC-3があります。真空管を中に取り入れており、音質を強化する機能を十分に持たせている製品です、見た目は全くそのように思われませんが、中に真空管をかなり取り付けており、分解してみると昔のような真空管をしっかり拝めるようになっています。値段は38万円程必要となりますが、高級なプリアンプの中では比較的安値で、しかも国内のメーカーが生産しているため故障が少なくなっています。
特注の高性能ボリューム搭載型もあり、そちらは45万円程必要となります。

劇場やスタジオにオススメなのがALTECの商品

ALTEC/アルテックは音響機器メーカーですが、その品質はかなり高く定評です。

2005年にプラントロニクス社に買収されているので、携帯用の音楽プレーヤーなどを製造しているメーカーです。

元々は劇場などでにもってこいな設備を搭載していたメーカーで、スピーカーなども非常に魅力的な商品のうちの一つです。

このメーカーは1980年代には販売が低迷したこともあり会社の経営が難しい時期もありました。

今では2005年にプラントロニクス社に買収されたことからメーカーとしての貴重な劇場用大型スピーカーシステムを売りとしているが、メーカーとしての信頼はかなりの定評です。

コンシュマー向けのスピーカーシステムも多数製造していた経験も持っているため多岐に渡って音響機器の開発において、使いやすい機器で、魅力的な商品を未だに展開しているメーカーです。

モニタースピーカー、ALTEC アルテック 843B MALIBU マリブ (414Z x2+806A) 16Ω ペア等は50万円近くする商品で、他にもプレミアがついている商品も多く存在している。

アルテック 612C 604-8G ALTEC ペア等は、クラシックなデザインで音響機器としては、かなりアンティークなスピーカーだが、現在でもこのスピーカーを利用した十分な価値を発揮することができる品質を持っているメーカーです。

劇場やスタジオにオススメなのがALTEC(アルテック)816A 416-8C/802-8D/511B スピーカーで、重量のあるサウンドを約束してくれる逸品となっています。